帰化申請の手続きは行政書士に相談してみましょう

国籍法では帰化を許可する権限は法務大臣にあり、帰化を希望する者は各地の法務局へ帰化申請の手続きをしなければならないのです。
帰化申請の基本条件は引き続き日本に5年以上暮らすこと、20歳以上で成年していること、素行が善良であること、日本で生活できる資産または技能を持っていること、無国籍または日本国籍を取得してそれまでの国籍を失うこと、日本の国を破壊しないこと又は破壊を主張する団体に加わったりしないこと、日本語を小学校低学年以上の読み・書き・会話ができることなどがあります。
帰化申請の手続きに必要とされる提出書類も多いですが提出書類を取得するのが時間もかかれば手間もかかります。
行政書士ならば帰化申請の手続きも手続きに関する知識もあります。
多少お金はかかっても確実な書類を作成してくれます。
事務所に電話して相談してみてください。

ブランド品買取、宅配・出張買取ならブランド品買取の専門店ネオスタ

デザイン家電買取専門店ネオスタ|簡単便利な宅配・出張買取も!

泉佐野、南大阪や貝塚で不動産・注文建築・物件情報をお探しなら昭和ハウジング泉州

泉佐野、南大阪、貝塚の不動産・注文建築・物件情報 | 昭和ハウジング泉州

注文建築 - 地震に強い家 | 昭和ハウジング泉州